社会福祉法人みおつくし福祉会 弘済みらい園 弘済のぞみ園

  • 求人情報
  • ありがとう
  • 日記
  • 社会福祉法人みおつくし福祉会
  • 社会福祉法人みおつくし福祉会助松寮

生活指導

子どもたちを成長させる生活指導

弘済 みらい園・のぞみ園は4つの生活ユニットに分かれています。
各ユニットに子どもたちは20人、職員は6~7人が基本で、子どもたちは安心・安全な環境で生活しています。
日々の生活のふれあいから子どもたちは心理的欲求を満たし、自己肯定と他者に対する信頼感、
自己コントロール能力や対人コミュニケーション能力などを獲得していきます。
そして、仲間たちと生活することで、心身の発達や社会スキルの学習を行い、
自立に向けた成長を遂げていくのです。

先輩スタッフに聞きました
  • どんな指導を行うのですか?
    子どもひとりひとりを大切にし、安心で安全な生活環境を整え、基本的な生活習慣を獲得していく「育ちなおし」を行っています。それぞれの児童の発達段階や状況に合わせて、子どもに寄り添った生活支援を行っています。
  • 指導内容の特徴は?
    子どもたち自身で生活を良くしていくため、グループワークを取り入れています。各生活ユニットの代表による「代表者会議」ではルールの見直しなどを、子どもたちと職員とで話し合って決めるようにしています。
  • 指導の目標は?
    生活していく上で大切にすることとして、9つの生活目標を掲げています。それに基づいて一貫した指導を行う中で、人を思いやる気持ちを育て、「育ち合い」の関係を作っていきます。
  • クラブ活動・作業活動の紹介をお願いします
    クラブ活動は中学生は野球とバレーボール、小学生はフットサルとソフトバレーに取り組んでいます。週1回の作業園芸活動では、園内外の環境整備や農作物の栽培などを行っています。
花壇のイメージ
9つの生活目標

<小学生>

  • 自分がしてもらってうれしいことは、他の人にもできる自分になっていく
  • 自分がされていやなことは、他の人にしない自分になっていく
  • 「ポン パッ オハヨウ ハイ パチン」ができる自分になっていく

<中学生>

  • 自分たちの生活をよくしていく努力をみんなとともにしていく
  • 弱い者いじめや暴言・暴力・不ゆかいな態度などで人のこころを傷つけない
  • 日課や取り組みを真剣におこない、自分に自信をつけていく

<高校生>

  • 小中学生に色々としてもらっている分、よい相談相手になっていく
  • みんなの役に立てているのかどうかを考える人になっていく
  • 目標を定めて、それに沿った生活ができるような人になるよう努力していく