社会福祉法人みおつくし福祉会 弘済みらい園 弘済のぞみ園

日記

弘済 みらい園・のぞみ園の日常を綴ります。

2021年11月

ソフトバレー部、フットサル部、W優勝&2連覇達成!

2021年11月12日(金曜日)

快挙です!

こうさい便り9月号でソフトバレー部とフットサル部の児福連大会優勝を報じましたが

なんと10月にあった大会でW優勝&2連覇を達成いたしました。

こんな快挙は弘済初めてのことです。

 

両チームの監督は、「他の施設はコロナ禍であまり練習できないところもあったから…」

と謙遜していましたが、なんのなんの、コロナ禍でも可能な限り練習を頑張った成果です。

前回の優勝で自信を持ったのでしょう。子どもたちも堂々とした戦いぶりでした。

それでは両チームの監督の喜びの声をお聞きください。

(山路)

 

ソフトバレー部監督 土肥

勝ち負けを意識すると、点数を見て崩れる。失敗した子を責めてしまう。

不安や緊張から声が出なくなる。

そんな子どもたち。

そこで、勝ち負けなんてどうなるか分からないものを捨てて、自分たちで良い雰囲気を作ろう!

常に笑顔で前を向こう!それが一番良い結果になる!、、はず。

この土台があってこそ、厳しい練習に耐えうる心が育つ、そんな確認をしていきました。

大会中、監督も勝ちたい気持ちを子どもにばれないように必死でした(笑)。

子どもたちは、この思いにしっかりと答えてくれ、4試合全勝。連覇することが出来ました。

ありがとうございました。

ソフトバレー

 

フットサル部監督 近藤

夏の児福連大会から、子ども達と共に、大会連覇を目指して日々、練習を積み重ねてきました。

1人1人が良いプレイをするだけでなく、集団としてお互いに良い声掛けができるのかを重視して

練習をしてきました。

大会当日は接戦となる事もあり、子ども達の気持ちが揺れることもありましたが

チーム一丸となり試合をやり切る事が出来ました。

結果として大会の連覇ができましたが、子ども達の精神的な成長も大きな喜びのひとつです。

DSCN5570